食事療法で改善できる腎臓病!臓器を労わる食事

シニア

腎臓を労わるために

介護

摂取を控える栄養分

腎臓病とは、腎臓の機能が低下することで、老廃物がうまく排出されなくなる病気です。腎臓病には様々な種類のものがありますが、いずれの場合も治療のためには、食事に気をつけることが肝心とされています。なぜなら老廃物は、食事によって体内で作られるからです。老廃物がしっかりと排出されない以上、体内でそれが増えすぎないよう、老廃物が作られにくい食事をとることが必要となるのです。具体的には、たんぱく質や塩分の摂取を控えることが大事です。どちらも胃腸で分解されることで、老廃物となるからです。また、腎臓病になるとカリウムも排出されにくくなるので、カリウムの摂取も制限することになります。ただし、いずれも基本的には体に必要な栄養分なので、他の臓器の機能を保つためにも、最低限の量は摂取する必要があります。

手軽に続けることが可能に

腎臓病になり体内の老廃物がたまると、それにより体がむくんだり、疲れやすくなったりします。悪化すると、意識障害や麻痺などが生じるようになりますし、生命の維持が困難になります。しかし食事によってたんぱく質や塩分やカリウムの摂取を控えていると、腎臓の負担が減ることで、腎臓の機能は低下しにくくなります。つまり腎臓病の悪化が防がれやすくなるわけです。しかし腎臓を労わるためとはいえ、毎日たんぱく質などの摂取量を計算しつつ食事を作ることは、簡単ではありません。そのため昨今では、冷凍の腎臓病食が市販されるようになっています。また、作りたての腎臓病食を自宅に届けるというサービスもあります。仕事などで忙しく、自炊が困難という人でも食事療法を手軽に続けることができるため、これらは注目されています。

効率的な改善のために

食事

腎臓病の改善には、塩分量やたんぱく質を制限した食事が重要です。医師の指示に従った食事は、宅配サービスを使う事で手軽に取れます。時間もかからず価格もリーズナブルな点が人気です。腎臓は身体の不要物を排出する役目があるので、普段から食事に気をつけて労わる事が病気予防に繋がります。

Read More..

腎機能の改善のため

食事

腎臓病は絶対に放置せず、初期症状がないから大丈夫と思わないで、腎機能も守る食事や運動などを行うことが大切です。また、むくみや貧血は腎臓からのサインです。壊れた腎臓は放置すると透析療法が必要になり手間も費用も掛かります。塩分に注意して腎機能を節約していきましょう。

Read More..

ASSOCIATED LINK

  • やさしい腎臓病講座

    生活習慣を見直すことで症状を改善できますよ。腎臓病は食事が重要です。食事療法を始める時にはここで確認しましょう。