テレクラのことを勉強しよう

昔から存在するテレクラ

最初のテレクラのシステム

昭和60年ごろに最初のテレクラが誕生して、今に至ります。
誕生したばかりのころは、やっと固定電話が普及してきた時代です。
今は携帯電話を使って異性とコミュニケーションを取っている女性が多いですが、当時は携帯電話なんてありません。
ほとんどの女性が、自宅の固定電話からテレクラにかけていたと言われています。

携帯電話が普及するのはもう少しあとなので、それまでは固定電話を使うのが主流でした。
男性が個室に入って女性からの電話を待つというシステムは、テレクラが誕生した当初から現在まで変わっていません。
ですが当初は女性から電話がかかってくるまで、本当にただ黙って待っているだけなので非常に暇な時間だったと言われています。

最初は早い者勝ちだった

今のテレクラは、女性が1人の男性に狙いを絞って電話をすることができます。
ですが誕生した当初のテレクラは、女性から電話がかかってくると、個室全ての電話に繋がっていました、
つまり、早い者勝ちです。
いつ女性から電話がかかってくるか分からないので、常に緊張感が漂っていたと言われます。

反射神経のない人は、いつも出遅れてなかなか女性と電話をすることができないという悩みを抱えていました。
また女性はフリーダイヤルを使っていたので、無料でテレクラに電話をすることができました。
これは今のテレクラと変わらない部分ですね。
テレクラの歴史を見ると異なっている部分が多いですが、現在とほとんど変わらない部分を見つけることもできます。