テレクラのことを勉強しよう

最初のテレクラは不満が多かった

個室の不満が多かった

テレクラが誕生して10年ぐらいは、不満点が目立っていました。
男性は個室に入って女性との会話を楽しみますが、個室の壁が薄かったと言われます。
それでは隣の会話が丸聞こえなので、プライバシーが守られなかったことが大きな問題になりました。
平成に入ると、個室の壁をもっと厚くするなど改良され始めたので、女性との会話を誰にも邪魔されないで楽しむことができました。

またそのころは、電話の性能も向上しています。
テレクラが誕生したばかりのころは、電話の機能性も悪く相手が何を言っているのか分からないといトラブルが多く見られました。
しかし時代が進むごとに性能の良い電話を導入するテレクラが増えたので、会話がスムーズに進むようになりました。

相手の顔が見えない不安

電話越しで会話を進めるので相手がどのような容姿をしているのか判断できないという問題点がテレクラにありました。
平成の初期は、デートをした時に初めて会ってイメージと異なっていてショックを受ける人も多かったです。
ですが、実際会うことができればまだ良い方だと言われています。
もっとひどい場合は、待ち合わせ場所に女性がいなくて、女性は陰で男性の容姿を確認しているというトラブルが起こっていました。

女性にとって気に入る相手でなかったら、そのまま帰ってしまう人も多く見られました。
時代が進むと、画像で相手の容姿を確認することができるようになったので、テレクラを使ってそのようなトラブルが起こるケースは少なくなりました。