食事療法で改善できる腎臓病!臓器を労わる食事

介護

効率的な改善のために

食事

手軽に正しい制限を

腎臓病で弱っている腎臓に負担をかけると、症状が更に悪化するので負担をかけない事が大切です。一番腎臓に影響する行為は「食事」です。食事のメニューを腎臓に負担をかけないメニューにする事で、食事療法が可能になります。腎臓病の食事療法は、医師から指示されたカロリー制限や塩分量を抑える事が大切です。しかし、自分で指示通りの食事を一から作ろうと思うと、手間もかかり大変な作業になります。それを毎食分となると、続ける事が難しくなります。宅配サービスを利用する事で、医師の指示通りの食事を取る事が可能です。宅配サービスの食事は、管理栄養士が栄養バランスや塩分量を考えて作るため、自宅で食事療法を効率良く行えます。また、価格も手頃なものが多く、メニューも豊富で人気となっています。

低たんぱく質を意識

腎臓病にとって大切な事は、腎臓に負担をかけない食生活です。特に、たんぱく質や塩分は摂りすぎると大きな負担をかけるため、控えるようにしましょう。腎臓は、体内の不要物や酸、余分な水分などを外へ排出する働きを持っています。腎臓機能が低下すると、不要物などが外に流れにくく体内に溜まってしまうため、食生活を改善して腎臓を労わる事が必要です。また、腎臓病の症状によっては水分も制限しなければいけない場合があるので、医師の指示を確認して適切な量を心がけましょう。普段の食生活や生活習慣の改善が、腎臓病の改善や予防に繋がります。医師の指示通りの食事は自分で作るのが大変ですが、宅配サービスなどを利用して効率良く行う事が出来ます。日頃から塩分量やたんぱく質を意識する事が大切です。