食事療法で改善できる腎臓病!臓器を労わる食事

介護

大病の付き合い方

男女

大病の対象方法の紹介

患う人が多い腎臓病は一度かかると完治は望めません。腎臓病の対処方法は「進行を抑止する」です。腎臓病の進行を抑止するために、幾つかの注意はありますが、その一つに「食事」があります。食事の注意点も腎臓病の進行度に応じて変わります。進行度は、簡単には5段階(G1〜G5)あり、数字が大きい程、重度の病気です。G1〜G2は早期段階であり、生活改善で良好な状態が維持できます。塩分の取り過ぎに注意が必要です。全体的にバランスの良い食事を心掛けると改善できます。G3〜G5は腎臓の機能が働きにくい状態です。塩分やタンパク質の採取に制限が入ります。また、水分やカリウムの摂取も制限が入る場合があります。腎臓病は最悪の場合、人工透析や移植をしないと生きていけなくなります。その最悪の事態を逃れるためには、食事療法は重要です。

タンパク質を減らす

腎臓病に食事療法が重要と言っても、食べては駄目という食品はありません。人が生きていくにはエネルギーが必要です。エネルギー採取に最も有効な方法が食事です。食事には、適切な量とバランスが重要ということです。エネルギーはタンパク質、炭水化物、脂質の3栄養素を燃焼させることで発生します。その燃焼した後のゴミを尿と一緒に排出させるのが腎臓の役割です。よって、燃焼元のタンパク質を減らすことで、燃焼後のゴミが減り、結果として腎臓の負担も減り、腎臓病の進行を遅らせることに繋がります。ここで、そのタンパク質を減らすコツを紹介します。まずは、治療用食品を活用しましょう。また、肉・卵・豆腐は、野菜と一緒に料理することも肝心です。少ないタンパク質を多く摂取することができます。3食のうち1食は、おかず無しでも食べられる食事にしましょう。